携帯Flashの作製方法 ステージサイズについて

携帯Flashの待ち受けなんかを作製する際、各端末の画面サイズが問題になります。現在ではだいたい240x400pxのWQVGAサイズが一般的になってるんじゃないかなぁとか私は思っていたりするんですが、 案外まだまだ240x320pxのQVGAサイズも現役。私としては引退を強く勧めたいところなんだが、誰に言えばいいのかが分からない。あげくの果てには240x432pxとかいう意味不明なサイズまで飛び出してくる始末(私の端末です)。これをいちいちサイズ別に作製していたんでは 時間も手間ももったいないんで、一つのファイルさまざまなサイズに対応できるようにしちゃうと楽チンです。

02-1
こんな感じ…

携帯Flashのswfが携帯に読み込まれた場合、常に縦横ともにセンター合わせで表示されます。ですので、たとえば240x400pxの画面サイズの携帯で、240x320pxのflashを読み込んだ場合、 上下に40pxづつ空きができてしまいます。このまま「空きができてしまう!そういったコンセプトに基づいた作品と思ってくれ!」と強引にねじ伏せることもできますが、私はあまり お勧めしません。

携帯でswfを読みこんだ際にはステージの外の領域や、配置されているオブジェクトも表示されるため、ステージサイズが240x320pxであっても、 ステージ外上下に40pxはみ出す形でデザインをすれば、一つのファイルで240x320pxと240x400pxの両方の端末で使用できるswfが作成できます。ソニーなどの特殊サイズの端末(240x432px)なら、240x320 pxのステージサイズで上下に56pxづつはみ出して作成すれば大丈夫です。

02-2

ただ前提として、320〜400pxでも見えるような汎用的なデザインをする必要があります。分かりやすい例でいうと、240x400pxのデザインで、額縁のように周りを飾り付けたいしたものだと 320pxのサイズで見た時に上下が切れてしまいます。汎用がきかないデザインの場合は、しかたがないのでサイズ分作製するとか、この作品のコンセプトは このサイズなんだ!と息巻いてみるとか、ふて寝するとか色々な選択肢があると思いますんで、好きなものを選択するのがよいかと…。

02-2

あとサイズとは関係なにのですが、背景の色をFlashの背景で指定していると、特定の端末では反映されない場合があるみたいです。なので、背景はFlashで背景色を指定するのではなく、 背景のオブジェクトを配置するようにしましょう。